FAQ

FAQ

ホスティングやオンプレミスとの違いについて


NetSuiteのクラウドERPと、ホスティング型(ASP)や従来のオンプレミス型ERPとの違いについてのご質問です。

クラウドERPの場合、Webブラウザを用いて、インターネットからアクセスすることを前提としたアプリケーションデザインとなっているため、専用線や専用クライアントソフトは一切不要です。これに対してホスティングの場合、基本的にインターネットからのアクセスは可能ですが、ホスティング環境によってはVPNや専用線が必要となります。また、アプリケーションによっては専用クライアントソフトが必要な場合があります。また、オンプレミスの場合、利用するアプリケーション、会社のポリシーや用意しているインフラに依存します。
マルチテナント型のシステムであるNetSuiteは、複数のユーザ企業がデータセンターにおいてサーバやデータベースなどのシステムリソースを共有しており、各種ハードウェアやソフトウェアの調達や運用に必要なコストを大幅に削減することができます。これに対して、ホスティング(ASP)やオンプレミスはシングルテナントであり、ユーザ企業ごとにサーバやデータベースを用意するため、ハードウェアやソフトウェアの調達、運用コストが膨大になります。
NetSuiteのクラウドERPでは、アップグレードやパッチ適用は、データセンター側のオペレーションで自動的に行われます。アップグレード・パッチ共に別料金は不要です。これに対して、一般的なホスティングでは、契約に応じて、ユーザあるいは、ホスティング提供企業がインスタンス毎にアップグレードやパッチ適用をおこないます。そのため、通常のアップグレードには別料金でのサービスが必要となります。また、オンプレミスの場合、ユーザ企業が自社リソースで(必要に応じてサービスリソースを別途購入して)アップグレードやパッチ適用処理を行わなければなりません。
NetSuiteのクラウドERPではバージョンロック無しのカスタマイズ環境を提供しています。顧客企業毎のカスタマイズはアプリケーションやDBとは別のレイヤーで独立して管理されているため、原則そのまま最新バージョンで利用可能です。これに対して、一般的なホスティングやオンプレミス環境では、カスタマイズは複数アプリケーション・DBなど、複数のレイヤーに散在しているため、複雑なアップグレードとテストが必要となります。
NetSuiteのクラウドERPでは、独自レコード追加・管理項目追加・ビジネスプロセス・UIなどを自由にカスタマイズ可能です。また、ほとんどのカスタマイズはコーディングが不要です。 レポートなどはエンドユーザーがセルフサービスで作成することができます。これに対して、一般的なホスティングの場合、カスタマイズを行うことは可能ですが、ホスティング提供企業の都合により、カスタマイズが制限されることもあります。 また、カスタマイズ・レポート作成共に複雑なため、専門のITチーム、もしくは外部ITリソースが処理する必要があります。さらに、オンプレミスの場合、ユーザ企業の要件に応じて、フルカスタマイズが可能ですが、同じく カスタマイズ・レポート作成共に複雑なため、専門のITチーム、もしくは外部ITリソースが処理する必要があります。
NetSuiteのクラウドERPでは、必要なシステムリソースが増加しても、データセンター側のオペレーションで管理されるため、追加料金は不要です。(ユーザー増加はライセン料金が必要です。)これに対して、ホスティングの場合、契約に依存しますが、必要なシステムリソースの増大に応じて、別料金が必要になることがあります。もしくは利用する規模に制限がかけられる場合もあります。オンプレミスの場合、システムリソースの増大に応じて、自社でコンピューティングリソースを購入する必要があります。
NetSuiteのクラウドERPでは、Webサービス開発基盤を利用して、オンプレミス・クラウドアプリ共に容易に統合が可能です。これに対して、ホスティングやオンプレミスの場合、アプリケーションに依存しますが、古い構造のアプリケーションの場合、複雑な開発と独立したインテグレーションエンジンが必要になります。またホスティングにおいては、ホスティング提供企業からの制限もあるため、複雑な運用となる場合があります。
NetSuiteのクラウドERPでは、全ての顧客は同じ環境・コードベースで稼動しているため、モニタリングが容易です。更に、約100を超える国々、30,000を超える組織という顧客をベースとして、セキュリティに大規模な投資を行なっています。これに対して、ホスティングの場合、顧客毎に別々のインスタンスであるため、環境の同時モニタリングが困難。さらに小・中規模のホスティング企業ではセキュリティに十分な投資が出来ていないケースがあります。また、オンプレミスの場合は、自社で全てのセキュリティ対策を行う必要があり、中堅・中小企業の場合、十分なセキュリティ対策が取れないこともあります。
NetSuiteのクラウドERPでは、アプリケーション開発とデータセンター運用を1社で包括的に行なっているため、問題の根本的な原因を明確にするのが容易であり、迅速に対応を行うことができます。これに対して、ホスティングの場合、ホスティングを提供する企業とアプリケーションベンダーは別々であるため、問題が発生したときに、それがアプリケーションの問題なのか、ハードウェアの問題なのかの判別が困難になります。また、オンプレミスの場合は、問題が発生したときに、それがアプリケーションの問題なのか、ハードウェアの問題なのかを自社で判定する必要があるため、その判断に間違いがあると大きな時間のロスが発生します。
NetSuiteのクラウドERPでは、顧客の要望に応じたカスタマイズを行う場合でも、平均は3〜6ヶ月です。これに対して、ホスティングやオンプレミスの場合、顧客の要望に応じたカスタマイズを行うと、9〜12ヶ月が平均です。カスタマイズが制限されるテンプレートを利用する場合は、6〜9ヶ月が平均です。