SuiteCloudアプリケーションやカスタマイズのパッケージ化と展開


SuiteBundlerを活用することで、SuiteCloud上に構築されたカスタマイズやアプリケーションのパッケージングと展開が容易におこなえるようになります。お客様自身によって、カスタマイズをサンドボックス環境から本番環境へ移行する場合でも、ISVやシステムインテグレーターが、特定の業界や分野に特化したパッケージを、顧客に対して提供する場合でも、SuiteBundlerを活用することで、カスタマイズのバンドル、バージョン管理、カスタマイズの展開をスピーディーにおこなうことができます。

SuiteBundle

ISVにとっての主なメリット

  • NetSuiteのすべての顧客に対して、NetSuiteベースのソリューションを配布することができます
  • カスタムオブジェクトのホストを選択することで、アプリケーションを再販できるようになります
  • バージョン管理ができるため、最新版のアプリケーションを、顧客に対して簡単にロールアウトできるようになります

お客様にとっての主なメリット

  • カスタマイズをサンドボックス環境から本番環境へ容易に移行させることができます
  • >パッケージ化が迅速かつ容易におこなえるため、カスタマイズを効率的に管理することができます
  • NetSuiteアカウント間でも、カスタマイズを容易に移行することができます

主な機能

カスタムオブジェクトのパッケージ化

  • Bundle Builderでは、グラフィカルアシスタントにより、3ステップでバンドルの選択と作成をおこなうことができます
  • ロール、カスタムタブをはじめ、カスタムフィールドやカスタムレコードなどのデータベースエレメント、SuiteScriptアプリケーションの開発エレメントなど、様々なエレメントを選択しパッケージ化することができます
  • カスタムオブジェクトをグループ化したカスタマイズバンドルと、パッケージのセットアップやプリファレンスの設定などのコフィギュレーションバンドルの両方をインストールすることができます

様々な展開オプションにより、カスタマイズを配布

  • SuiteBundleを利用する場合、「プライベート」、「パブリック」、「共有」の3つモードを選択し、アクセス制限を設定することができます
  • プロトタイプの制作時には、プライベートバンドルを選択することができます
  • パブリックバンドルを選択することで、すべてのNetSuiteユーザがアプリケーションを入手できるようになります
  • 特定のNetSuiteアカウントに対してアプリケーションを商用配布する場合は、共有バンドルを選択します

バンドルのインストール

  • バンドルの開発アカウントから、対象となるアカウントに対して、直接、バンドルをインストールすることができます
  • レポジトリ展開を利用することで最新版の開発と同時に、特定のバージョンを新規顧客に対して展開することができます
  • バンドル展開用のアカウントは、バンドルの展開に利用できる専用アカウントです。現在、展開中のバンドルのサポートと、次期バージョンの開発を同時に進める際、特にISVの皆様にとって、理想的な環境となります

SuiteBundleとSuiteAppは同じものであり、当サイトでは同じ意味をもつ語句として使用されています。


Resources


NetSuite クラウドERP 総合カタログ

ダウンロード
Sales Chat

Interested in growing your business with NetSuite?

Start chat