FAQ

FAQ

購買と仕入先管理についてのFAQ


商品マスターで価格が設定されていない場合でも、受発注時の明細入力時に価格を入力する必要があります。
価格設定は、個別に修正する方法と、一括更新する方法がありますので、頻繁に価格改定が必要な場合には、一括更新で対応できます。
受注後、在庫数量が適正でない場合には、発注することができます。発注書を作成するためには、リマインダなどの通知からの作成や、スクリプトを使って自動作成する方法があります。
発注が必要な商品は、リマインダに表示されるため、発注漏れを確認し、適切な発注処理を行うことができます。
発注書に記載されている商品すべてを一括受領するだけではなく、分割納入することができます。一部受領済み商品と未受領商品ともに管理することができます。
仕入れ先は、発注書ごとに指定することができるため、複数社から購買処理を行うことができます。
返品処理機能により、顧客からの返品や、仕入れ先に対しての返品処理を行うことができます。
購買の承認処理は、上司と会計部門の2レベルの承認処理が可能です。