COVID-19危機におけるOracle NetSuiteのお客様に対するお約束

締めと決算

締めと決算


仕訳されたデータがまず総勘定元帳に格納され、次に集計されて残高表に格納され、最後に貸借対照表と損益計算書としてレポートされるというのが、財務会計システムの大まかな流れということになります。
これらの処理はその実行のタイミングに関して大きく2つに分かれます。まず、仕訳を行い総勘定元帳テーブルを更新する処理は、お金の出入りが発生するたびにデータが入力されテーブルが更新されるオンライン処理です。 一方、総勘定元帳の金額を集計して残高表テーブルを更新する処理と、貸借対照表と損益計算書を作成する処理はバッチ処理で行われます。これらのバッチ処理は、締めと呼ばれるタイミングで実行されます(図1)。

財務会計システムの処理の流れ

締めとは、決算を行う際にシステム上でいろいろな勘定科目について、データの整理を行った上で、集計とレポート作成を実行することをいいます。決算とは、企業が社外に会社の状況を報告することをいい、通常半年に一度行います。従って、締めも半年に一度行われることになります。

最近は、決算を3ヶ月に一度行う会社が多くなっていますし、決算を行わなくても、社内での情報として会計データを活用するために、毎月、締め処理を行う会社も出てきています。このため、財務会計システムの締め処理のタイミングはどんどん短くなってきていることになります。

Sales Chat

Interested in growing your business with NetSuite?

Start chat