スピーディーな製品開発を実現する


新製品の研究、開発、設計や既存製品の再設計は、どの製造メーカーにとっても不可欠な部分ですが、多くの場合、設計部門とエンジニアリング部門は完全にERPシステムから分離されています。エンジニアたちは、製品の状態、改訂版、設計の進捗に関する他部署から問い合わせに時間を取られています。NetSuiteでは、ネイティブコラボレーション機能をホストし、どの部署の人間もそうした情報を自分で取得できるようにすることが可能です。


主な機能

部品表(BOM)

NetSuiteでは、組立部品のアイテムを利用して部品表を作成し、これを管理します。これにより、多元的な部品表の構造を最小限の労力で効率的に管理するために必要な情報を作成や編集するにあたり、一貫性が確保されます。アイテムにファントムとマークする機能、予想利回りを定義する機能、バージョン管理機能、また有効日と失効日を設定する機能など、高度なオプションも備えられ、常に正しい製品バージョンが製作されるように確保します。

主な特徴:
  • 多元的部品表(BOM)
  • ファントム
  • バージョン管理
Bill of Materials

ルーティング

NetSuiteのルーティング機能を使えば、製品の製作に必要な作業員、機械、作業場、時間を簡単に定義できます。この情報をコストテンプレートと併用すれば、予想される労働量、機械、間接費用を決定し、製造プロセスから適切なコスト詳細を管理できるようになります。NetSuiteの製造業向け高度機能では、貴社施設特有の特徴を追加で定義すれば、有限能力スケジュールの自動作成が可能になります。さらに、必要に応じて、現場特有のルーティング機能を定義することも可能です。

  • 有限または無限能力スケジューリング
  • 現場特有のルーティング
  • 柔軟なコストテンプレート
Routings


アイテム管理

NetSuiteのアイテム定義は独特で、すべてのアイテムが同じ画面から始まり、ユーザーに作成したいアイテムタイプを選ばせます。すると、そのアイテムタイプ特有の定義に合わせて調節されたアイテム定義画面が表示され、必須情報のみ入力を求められます。SuiteFlow機能を使用すれば、簡単にアイテムの自動ナンバリングを設定でき、追加欄を表示または非表示にして承認プロセスを自動化することができます。

  • 迅速かつ簡単なセットアップ
  • 必須欄とカスタム欄
  • 簡単な一括更新
Item Management

文書管理

NetSuiteのファイルキャビネットは、ビジネスに必要なあらゆる文書、ファイル、添付書類のための中央レポジトリとして設計されました。ファイルはこのシステムからマニュアルでアップロードし、お客様、ベンダーなど、NetSuite内のあらゆる関係者の記録に付随させることができます。オプションのファイルのドラッグ&ドロップスイートを使用すれば、デスクトップからドラッグしてファイルを自動的にアップロードや更新できる機能も追加できます。ファイルは、独自のセキュリティ許可が必要なフォルダー内に保管されます。

  • 安全なファイル保存と管理
  • Eメール添付のキャプチャー
  • NetSuite記録とのクロスレファレンス
Document Management

NetSuiteの生産管理についてさらに詳しく

お問い合わせ
Sales Chat

Interested in growing your business with NetSuite?

Start chat