企業経営者が事業継承を正しく行うために


事業継承を成功に導くクラウドERP

企業の課題

世代交代期の戦略、後継者選び、M&A、IPO


少子高齢化による後継者選びの難航、マーケット縮小への対応

今、数多くの日本企業の経営者が岐路に立たされています。日本国内のマーケットは、少子高齢化による人口減少、人口減少にともなうマーケットの縮小と労働力縮小、グローバル企業の台頭による競争激化など、今まで以上に経営は厳しさを増しています。2011年を境に人口減少へと転じた日本国内のマーケットは40年後には人口1億人を下回るだけでなく高齢化率も40%に上ると試算されています。

(出典)総務省「国勢調査」及び「人口推計」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計):出生中位・死亡中位推計」(各年10月1日現在人口)、厚生労働省「人口動態統計」

高齢化社会が企業経営に与える課題と戦略

今後日本に到来する超高齢化社会は人口減少社会とも言われています。超高齢化社会は、供給面で労働力不足をもたらします。その逆に需要面では消費者を減らします。つまり、企業経営において人手不足をもたらすことと顧客を減らすことが同時に起きるのです。
一般的にはこのような状況における企業戦略は、マーケットを拡大し、競争優位の付加価値をさらに高める、そしてコスト削減を行なうことが重要です。人手不足と顧客不足が同時に発生することは少ないと言われていますが、何れにしても企業経営に対しては困難な問題であることに代わりはありません。 さらにこれらの問題に加えて企業老齢化という大きな課題を抱えていることも忘れてはいけません。高齢化社会は、日本国内の企業に働く経営者達も高齢化していることに他なりません。
帝国データバンクの調べでは1997年の社長の平均年齢は55.9歳であったのに対して、2012年には58.7歳とこの15年で3歳も高齢化しています。そして同社が41万社を対象にした調査によると日本国内企業の実に65.9%が後継者不在の悩みを抱えているのです。単純な不在から事業を継いでくれない、継ぐ力が無い、継がせないなどさまざま利用はあります。しかし、一様に企業の経営者は、自社の企業存続のための事業承継が大きな課題となっている事実があるのです。

事業承継における4つのオプション

創業期から事業を創造してきた経営者や事業主にとって世代交代を含めた事業承継は大きな課題である事は言うまでもありません。自ら企業を成長・成熟させた経営者にとって、当然のことながら会社を永遠に反映させたいという気持ちがあるのは当然のことです。 そのような経営者は大きく以下の4つのパターンで事業承継を決断することになります。

  1. 株式公開(IPO)
  2. 後継者への承継
  3. M&A(第三者への承継)
  4. 清算(廃業)
経営者の選択

そして、上記1〜3を選択する場合にはクラウドERPの導入が必要不可欠になってくるのです。

事業継承を成功に導くために:

ホワイトペーパー「会社存続のための事業承継戦略」 このホワイトペーパーは、事業承継の方法論やそれぞれの戦略の問題点、事業承継に向けた備え、具体的な事業承継に関する方策に関して詳しく説 明いたします。 M&Aや経営権譲渡、MBO など今後の事業承継に関して成功するための正しい選択をご理解いただくための資料です。

ダウンロードはこちら