新規事業の迅速な立ち上げのために

新規事業に必要な経営基盤を
今すぐに立ち上げなければならない

厳しい経営環境勝ち抜き、成長軌道へのシフトするために、企業規模を問わず、多くの企業が、コア事業の強化、新たな成長分野への進出、M&Aによる事業統合、事業部の子会社化/分社化、成長中の新興市場への進出など、あらたな取り組みにチャレンジされています。

しかしながら、これら新たな取り組みに対しては、昨今のめまぐるしく移り変わる市場環境から、今までにないスピードでの事業展開が求められ、同時に新規事業を支える経営基盤の導入についても、スピードが最優先事項となりました。そのため、時間的に余裕の無い中、経営基盤の構築を進めなければなりません。

経営基盤の立ち上げにあらかじめ期日が設定された。
こんな短期間にシステム立ち上げが可能なのか?

新会社設立のため新システムを導入しなければならない場合、既に本社で運用しているシステムをそのまま新会社に適用できれば、システム担当者は導入リスクを最小限に抑えることができますが、通常、会社規模が小さく、これから成長していく過程にあるため、設立時から高コストのシステムを導入することはできません。しかも、会社設立までの時間は非常に短く、例えば、6ヶ月後に設立という場合には、たとえ100%ではないにしても、ある程度運用開始できるシステムを設立までに導入しなければなりません。安易に会計や販売、在庫管理などのパッケージを導入することも選択肢の一つですが、会社の成長や激変する市場環境に柔軟に追従することができず、事業を支える経営基盤として活用し続けることはできません。

経営基盤を短期間で構築できる、
全く新しいアプローチを選択しなければならない

従来の導入アプローチ
「従来の導入アプローチ」スライド

昨今のビジネス状況を考えると、新会社設立までに十分な準備ができる期間は用意されていません。半年あるいは数ヶ月という短期間で、事業が立ち上がるように経営基盤を稼働させなければなりません。従来のアプローチでは、利用するアプリケーションを選定し、そのアプリケーションを稼働させるハードウェアやソフトウェア、ネットワーク環境を準備し、セットアップや開発を行います。各部門や関係者と調整をとりながら、これらの工程を進めていき、システムが完成するまでに多くの時間やコストがかかりました。これからは、導入スピードを短縮させると共に、運用コストを削減できるクラウドサービスを経営基盤として利用する新しいアプローチを選択しなければなりません。

次へ

各国のサイト
spacer