厳しい経営環境を勝ち抜き、
企業を継続的に成長させるためには

今、国内企業は企業規模を問わず、非常に厳しい経営環境に直面しています。震災後の経済活動への影響も大きく、 グローバル化が進む中で、日本企業にとって、海外勢と競争する上で税制・労働法制の不利や、円高、電力消費の縮小など、6重苦と言われるような極めて困難な状況が続いております。

中堅中小企業においても、年間に30万事業者が倒産廃業に追い込まれる状況にあり、国内市場の成長鈍化と、様々な不透明な経済状況により、企業は事業を柔軟に展開していかない限り、会社自体の存続が危ぶまれるようになっています。

困難な時代に継続的に成長し価値を提供し続けるために、
将来を見据えた経営が求められている

このような状況下で、企業経営には何が求められているのでしょうか?

大企業でも、成長分野への経営資産の集中と選択をスピーディーに行うなど、停滞する経営環境下において、過去の成功モデルにとらわれることなく、競争に勝ち抜き、事業を継続的に成長させていくための一層の経営努力が必要です。

中堅・中小企業においても、会社全体の資産を減らしコストを抑制、利益率を高め、経営資源を次の成長分野に投入し、経営資源を集中と選択を行い最適化し成長軌道にシフトしなければなりません。大企業においても、グローバル経営視点で、コスト抑制、海外への脱出を図る企業も少なくないでしょう。

さらに、災害などの不測の事態に常に備え、事業の継続性のためのリスク管理体制を整えなければなりません。

そのためには、経営環境に合った新しい取り組みを会社経営に取り入れ、実践し展開、さらには市場の変化に臨機応変に対応できる、継続的に成長するための将来を見据えた経営が、今まさに求められています。

次へ

クラウド導入に関するご相談

自社の経営にクラウドを適用できるかどうか相談したい。
ご相談はこちらから

お電話でのご相談 03-5545-7663

製品カタログダウンロード

クラウド導入についての調査、検討に活用ください。
ダウンロードはこちらから

各国のサイト
spacer